オルビスユードットとアンコールの違いは?対象年齢や特徴を徹底解説

オルビスユードットの商品画像 スキンケア

「オルビスユードット、アンコール、オルビスユー、ユーホワイトってどこが違うの?」

「オルビスユードットシリーズの対象年齢は何歳から?」

などの質問に現在オルビスユードットを愛用中の筆者が詳しく解説していきます。

\オルビスユードットの詳細はこちら/

[この記事を書いた人]
akie
akie
美容部員経験8年。スキンケアの成分を研究するのが趣味。
オルビスユーを3年間使用し、現在はオルビスユードットを愛用中。

オルビスユードットとオルビスユーアンコール、オルビスユー、オルビスユーホワイトの違いを徹底比較!

オルビスユー、オルビスユードット、オルビスユーアンコール、オルビスユーホワイトの商品画像

オルビスにはエイジングケアができる商品が4つあります。

その違いをグラフにまとめてみました。

  成分 エイジング効果 美白効果 価格
オルビスユー  キーポリンブースター 初期のエイジングケア なし

洗顔:1,980円  化粧水:2,970円  保湿液:3,300円

オルビスユーホワイト アルブチン 初期のエイジングケア あり

洗顔:2,310円  化粧水:3,300円  保湿液:3,520円

オルビスユーアンコール

浸透型コラーゲン、DNAヒビスエキス

本格的なエイジングケア なし

洗顔:1,980円  化粧水:3,630円  保湿液:3,850円

オルビスユードット GLルートブースター、トラネキサム酸 本格的なエイジングケア あり

洗顔:2,310円  化粧水:3,630円  保湿液:3,960円

この表について一つずつ解説していきますね♪

オルビスユードット、ユー、アンコール、ホワイトの成分の違いで比較

それぞれ配合されている成分が異なりますが、

オルビスユーとオルビスユーアンコールは「化粧品」

オルビスユードットとオルビスユーホワイトは「医薬部外品」の商品です。

「化粧品」は皮膚や毛髪を健やかに保つことを目的とされた商品

「医薬部外品」は厚労省の認可を得ている有効成分が一定量配合されていて、効能効果を表示できる商品

このような違いがあります。

そのため、オルビスユードットとオルビスユーホワイトは下記のような効果が期待できます。

✔オルビスユードットとオルビスユーホワイトの洗顔料は「グリチルリチン酸ジカリウム」という有効成分により、ニキビや肌荒れを防ぐことができる

✔オルビスユードットの「トラネキサム酸」とオルビスユーホワイトの「アルブチン」は、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ事ができる

実体験として、オルビスユー(化粧品)を使っていたときにも、乾燥やくすみへの効果は実感していました。

しかし、オルビスユードットを使い始めてからの方が、肌へのトーンアップ効果を感じています♪

オルビスユードット、ユー、アンコール、ホワイトの商品特徴の違いで比較

  エイジング効果 美白効果
オルビスユー 初期のエイジング なし
オルビスユーホワイト 初期のエイジング あり(医薬部外品)
オルビスユーアンコール 本格的なエイジング なし
オルビスユードット 本格的なエイジング あり(医薬部外品)

オルビスユードット、ユー、アンコール、ホワイトは、先述したようにこのような違いがあります。

更に、オルビスの美容部員さんに詳しく確認したところ

✔オルビスユーアンコールとオルビスユードットのエイジング効果は同等。(成分は異なる。)

✔オルビスユーホワイトとオルビスユードットの美白効果は同等。(どちらも医薬部外品、成分は異なる。)

とのことでした。

つまり、オルビスユードットは本格的なエイジングケアをしながら美白のケアもできる、オルビス最高峰のシリーズということです。

akie
akie

保湿力もオルビスのスキンケアの中で一番高いですよ♪

オルビスユードット、ユー、アンコール、ホワイトの値段の違いで比較

洗顔・化粧水・保湿液の3点合わせた合計金額で比較すると、このような金額になります。

  本格的なエイジングケア 美白効果 合計金額
オルビスユー  8,250円
オルビスユーホワイト 9,130円
オルビスユーアンコール 9,460円
オルビスユードット 9,900円

エイジングと美白のケアができる商品って値段が高いものが多いですよね。。

ポーラやアルビオンなどの化粧水は、美白もエイジングもできると有名ですが、化粧水だけでも1万円以上します。

薬局で取扱いがあるものでも、アスタリフトで130ml4,180円(オルビスユードットは180mlで3,630円!)とやはりお値段が高めです。

その中で、オルビスユードットは、本格的なエイジングケアも美白ケアもできて合計で1万円以下!

コスパが良いのはオルビスならではですね♪

\トライアルセットが1,200円/

オルビスユードット、ユー、アンコール、ホワイトをおすすめする人の違いで比較

オルビスユードット➡本格なエイジングケアに、更に潤いケアと美白ケアもしたい方


オルビスユー➡最近目元の小じわや乾燥、ほうれい線が気になり始めた方



オルビスユーホワイト➡最近目元の小じわや乾燥、ほうれい線が気になり始めていて、尚且つ美白のケアもしたい方



オルビスユーアンコール➡本格的なエイジングケアをしたい方

このように分けてみました♪

3年間愛用していたオルビスユーについてはこちらの記事で詳しく記載しています⬇

オルビスユーの口コミは?30代の肌悩みに対する効果を徹底調査

オルビスユードットの対象年齢は?何歳から使えるのかを美容部員さんにインタビュー

オルビスユードットの洗顔・化粧水・保湿液の商品画像

オルビスユードットシリーズの対象年齢は何歳なのかを美容部員さんに確認したところ

「肌悩みによって個人差があるので明確な区切りはありませんが、30代後半以降の方におすすめです。

ただ他の年代の方でも、お悩みがあれば年代問わずにご使用いただけます。

とのことでした。

シミやシワ、乾燥など複合的なお悩みがある方は、年齢に関係なくオルビスユードットシリーズがおすすめです。

オルビスユードットのネット上の口コミは?

オルビスユードットの良い口コミと悪い口コミをまとめてみました。

オルビスユードットのネット上の悪い口コミ

  • ユーよりとろみがあって、保湿力は抜群です。でも、私にはまだ早かったようで、重たかったです。化粧がよれてしまいました…ただ、元々30後半?40代向けの商品のようなので、時が来たらまた使おうと思います。
  • 私の肌にはちょっと使用感が重たいのかもしれません。それか、モイスチャーを使わずにローションだけにすればいけるかも。

引用:@cosme

悪い口コミは「保湿クリームが重たい」というものがいくつかありました。

コクのあるクリームなので、さっぱりした使用感や軽めの使用感がお好きな方はドット以外のシリーズを使用するのがおすすめです。

オルビスユードットのネット上の良い口コミ

  • 使ってみて感動しました。
    シンプルケアだけど期待以上の効果を出してくれます。
  • ユーを使っていた時は、美容液を併用していました。ドットは、美容液が不要な位の保湿力で感動しております。

     

  • 今まで使った化粧水の中で一番肌にあってます!
    しっとりもちもちになってインナードライが解消されました!

     

  • テクスチャも軽めですが、ハンドプレスすると吸い付く肌に。
    毛穴が小さくなったり、美白効果も発揮されています。安い割に効果も見られ、お気に入りです。

引用:@cosme

私自身、オルビスユーから切り替え、5ヶ月程度使用していますが、「お肌のモッチリ感」や「頬の艶感」が好きでリピート購入しています♪

日中も乾かないお肌が目指せますよ(^^)

私の口コミはこちらの記事に記載しています⬇

オルビスユードットの口コミは?40代への効果を美容のプロが徹底解説

オルビスユードットとオルビスユーアンコール、オルビスユー、オルビスユーホワイトの違いは?まとめ

 成分エイジング効果美白効果価格
オルビスユー キーポリンブースター初期のエイジングケアなし洗顔:1,980円  化粧水:2,970円  保湿液:3,300円
オルビスユーホワイトアルブチン初期のエイジングケアあり洗顔:2,310円  化粧水:3,300円  保湿液:3,520円
オルビスユーアンコール浸透型コラーゲン、DNAヒビスエキス本格的なエイジングケアなし洗顔:1,980円  化粧水:3,630円  保湿液:3,850円
オルビスユードットGLルートブースター、トラネキサム酸本格的なエイジングケアあり洗顔:2,310円  化粧水:3,630円  保湿液:3,960円

このような結果になりました。

参考になれば幸いです(^^)

\もちもちのツヤ肌に/

タイトルとURLをコピーしました