スキンケアは乳液だけでいい?実体験を口コミ!

SNSで見かけた「スキンケアは乳液のみ」という投稿。

乳液の一番の役割は「肌の潤いを保つこと」なので、化粧水で潤いを補給することは必要なのでは?と思いつつも、実際に乳液のみのスキンケアを行ってみることにしました。

スポンサーリンク

スキンケアは乳液だけでいい?実際に1週間体験した結果!

【筆者のプロフィール】
30代
混合肌
Tゾーンは常にベタつく
頬は夏場も乾燥

実際に、乳液のみのスキンケアを1週間体験してみました。

実際に使用したのは「肌ラボの乳液」です。

乳液だけのスキンケアの実録

【初日】

意外と乾燥は感じませんでしたが、1時間後くらいに若干の痒みがあり、乳液を更に重ねました。

【3日目】

やはり一度塗りだと乾燥が気になり、乳液を重ねました。

これなら化粧水を塗っている時と手間が変わらないですね。。

【1週間目】

大きなニキビが2個出現。

目元の小じわも目立つようになってきたので、乳液のみのスキンケアをやめました(T_T)

乳液だけのスキンケアの感想

乳液のみのスキンケアを行う前は

「スキンケアにかかる時間が短縮できるし、化粧水分のお金もかからないし、良いかも♪」

と思いながら始めました。

しかし、実際に行ってみると

✔肌が乾燥する
✔目元の小じわが目立つようになる
✔ニキビができる

など、デメリットの方が多かったです。

スキンケアを乳液だけで済ませない方が良い理由は?

「乳液でも保湿のケアができるから、化粧水を使う必要がない」という意見もありますが、個人的には「化粧水で水分補給、乳液で潤いに蓋をする」のがベストだと考えています。

その理由について解説していきますね。

乳液だけだと肌が乾燥する

乳液の一番の目的は潤いを保つこと。

化粧水でたっぷりとお肌を潤した上で、潤いに蓋をするからこそ、乾燥しにくいお肌作りができるのです。

お肌が乾燥すると、外からの刺激も受けやすくなり、シミやシワなど、様々なお肌トラブルの原因にもなりかねません。

そのため、元々乾燥しやすい方は、化粧水と乳液をしっかりとつけた方が良いでしょう。

乳液だけだと肌がべたつく

お肌がベタつく原因のひとつである「肌の乾燥」

お肌は乾燥すると、自分自身でお肌を潤そうとして、過剰に皮脂を分泌します。

過剰な皮脂は、毛穴をつまらせるので、ニキビや黒ずみなどの原因になりますよ。

乳液だけだと肌に浸透しにくい

化粧水は、水分補給だけではなく、お肌の状態を整える働きがあります。

お肌の状態が整うことで、乳液の浸透率もぐんとアップ。

スキンケアの肌馴染みが良くなりますよ。

乳液だけだとメイクが崩れやすくなる

乳液のみでスキンケアをしようとすると、化粧水も併用しているときに比べて、より多くの乳液を塗る必要がありますよね。

乳液を多く使用するということは、お肌にのせる油分も多くなるということ。

特に脂性肌の方は、メイク崩れの原因にもなりかねないので、乳液のみのスキンケアはおすすめできません。

化粧水・乳液のスキンケアのポイント!

化粧水、乳液、美容液など、全てのスキンケアに共通する「スキンケアのポイント」を解説していきます。

肌につける量は適量を守る

化粧水も乳液も、メーカーごとに適量が決まっています。

量が少なすぎると、お肌が乾燥するだけではなく、スキンケアの効果が薄れてしまう可能性もあるので、必ず適量は守るようにしましょう。

お肌の部位によって量を調整する

お肌の中でもTゾーンと言われる「額」や「鼻」などは皮脂が出やすい部分です。

そのため、スキンケアを行う際は、乾燥しやすい頬からたっぷりとつけて、手のひらに残ったもので、Tゾーンや額につけるようにしましょう。

akie
akie

そうすることで、メイク崩れも防止できますよ。

オールインワンならカナデルがおすすめ!

プレミアホワイトオールインワン 角質ケアや肌荒れ予防にアプローチ
プレミアリフトオールインワン ハリ不足、乾燥小じわにアプローチ
プレンミアゼロオールインワン カナデル最高級のエイジングケア
プレミアバランザーオールインワン 毛穴・ザラつき、黒ずみのアプローチ

「スキンケアの工程が多いのが苦手!だからこそ乳液だけのスキンケアにしたい!」という方には、オールインワンタイプのスキンケアがおすすめです。


カナデルのオールインワンは、肌悩みに合わせて、全部で4種類。

あなたのお肌状態に合わせて、チェックしてみてくださいね♪

【まとめ】乳液だけのスキンケアはおすすめしない!

スキンケアで、化粧水と乳液が分けて売られているということは、それぞれの役割があるということ。

乳液を使用する際は、是非化粧水もセットで使って見てくださいね(^^)

タイトルとURLをコピーしました